6月中旬より福島県いわき市が新規参入します。

令和3年度がスタートします。

 令和3年度の胃内視鏡研究検診実施地区は昨年度より継続の10地域(新潟市、鳥取市、鳥取県八頭町、由利本荘市、金沢市、前橋市、盛岡市、仙台市、福岡市、東京都世田谷区)に6月中旬より福島県いわき市が加わり11地域でのスタートとなります。さらに新規地域として熊本市、鹿児島市、岡山市、つくば市、川崎市などとの交渉を勧めています。また既に参加いただいた協力者の皆様にはアンケート調査、2回目の検診受診の勧奨を行ってまいります。

 また、胃X線研究検診に関しては令和2年度で3年目の受診勧奨およびアンケート調査は終了しており、今年度5年目のアンケート調査を実施する地域もあります。アンケートが届きましたらご回答ご協力をよろしくお願いいたします。

現在7,962名の参加ご協力をいただいております。

令和2年度の胃がん検診胃内視鏡検査研究が終了しました。

 

令和2年度は、新たに八頭町(鳥取県)・世田谷区(東京都)・仙台市(宮城県)・福岡市(福岡県)が加わりましたが、コロナ禍の影響で全国的にがん検診実施の遅れや中止が相次ぎ研究参加者数にも影響がありました。それでも1,241名の参加をいただき、平成29年度(2017年)よりのべ7,962名の参加ご協力を得ることができております。
 しかしながら、目標数である1万5千人へ少しでも早く到達するため、新たな地域へご協力要請をしております。今後とも本研究をどうぞよろしくお願いいたします。