6月15日(水)より茨城県水戸市が新規参入します

令和4年度「リスク別の胃内視鏡検診の研究」がスタートします。

 令和4年度の胃内視鏡研究検診実施地区は昨年度より継続の8地域(鳥取市、鳥取県八頭町、由利本荘市、金沢市、前橋市、盛岡市、仙台市、福岡市、)に6月15日より茨城県水戸市市が加わり9地域でのスタートとなります。また既に参加いただいた協力者の皆様にはアンケート調査、2回目・3回目の検診受診の勧奨を行ってまいります。

令和4年度も「リスク別の胃内視鏡検診の研究」実施します

令和4年度においてもリスク別の胃内視鏡検診の研究は以下の地域で実施いたします。


鳥取県鳥取市・鳥取県八頭町・石川県金沢市・群馬県前橋市・秋田県由利本荘市・岩手県盛岡市・宮城県仙台市・福岡県福岡市・福島県いわき市・茨城県水戸市(新規)

実施時期など詳しくは各事務局にお問い合わせください。

 また、胃X線研究検診に関しては令和2年度で3年目の受診勧奨およびアンケート調査は終了しており、今年度5年目のアンケート調査を実施する地域もあります。アンケートが届きましたらご回答ご協力をよろしくお願いいたします。